年頭所感

あけましておめでとうございます。

新元号が「令和」に変わりまして最初のお正月を迎えました。

皆様には素晴らしい新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

 

さて、2018年を一文字で表す言葉は「災」でした。

日本各地で甚大な自然災害や不幸な事件などが続いた年でした。

しかしながら、今年は新天皇のご即位など未来につながる明るい新しい令和の時代がはじまりました。また東京オリンピックも開催される年でもあります。今年を代表する言葉は令和の「令」ということです。「令和」には、人々が美しく心を寄せ合う中で、新しい文化、新しい時代を切り開いていくという思いが込められているとのことです。

私たちは過去を乗り越え、常に前を向いて歩かなけばなりません。

そのためにもまず私たちの地域を見つめなおし、暮らしや生活の向上を心掛けることだと思います。

私は、地域の皆様のお考えやご意見に耳を傾け常に地域の皆様の少しでもお力になれるようこれからも一歩ずつ確実に前進してまいりたいと思います。

これからもご支援・ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

みなさまとともにこの「令和」新時代よい時代にしてまいりましょう。

 

令和2年元旦

鶴ヶ島市議会 第4回 定例会(12月議会)

鶴ヶ島市議会 第4回 定例会(12月議会)が開かれます。

会期は、11月29日(金)から12月17日(火)までの19日間です。

私、杉田やすゆきの一般質問は、12月12日(木)Pm2:30~15:10の(40分間)です。
件名は、「優秀な市役所職員の確保のために」です。
行政の要となる意欲旺盛なる優秀な市役所職員の確保が重要です。